サプリメントで足りない栄養を補う|アルツハイマーのリスクを軽減

ファミリー

体質改善に最適な健康食品

錠剤

腸内環境・代謝促進に役立つすっぽんもろみは、痩せなくて悩んでいる方に最適です。食後のタイミングで毎日目安量を継続することで、体調の変化を感じられるようになります。疲れにくい体質を改善するにも効果的なので、まずは3ヶ月を目安に続けてみましょう。

蛋白質が豊富な藻

夫婦

螺旋状という特徴的な姿をしているスピルリナですが、含まれているタンパク質の量や健康に対する良い効果が注目されている素晴らしい微細藻です。生きるために必要な栄養素を補えるので、今後も活躍する存在だと思います。

女性特有の悩みを解消

女性

月経前症候群と呼ばれるPMSの症状を緩和させるためのサプリメントも販売されていますが、薬ではないので即効性を期待するのではなく、毎日飲み続けることが大切です。サプリメントは病院で処方される薬とは違い、簡単に手に入る上に副作用の心配が無いということでPMSの症状緩和に多く使用されています。

柔らかい細胞膜に

メンズ

オメガ6の摂取量が増加

細胞を包んでいる細胞膜は、オメガ3やオメガ6などの不飽和脂肪酸から作られています。いずれも食事で摂取できるのですが、これらをバランス良く摂取していれば、適度な柔軟性のある健康的な細胞膜が作られます。ところが近年では、食文化の欧米化により、オメガ6を多く含む肉料理や揚げ物を食べる人が増えています。そしてこれにより、硬い細胞膜が作られてしまい、健康面でのトラブルを起こす人もまた増加しているのです。特に、脳細胞の細胞膜が硬くなることでアルツハイマー病を発症する人は、急増しています。しかし細胞膜は、オメガ6を多く摂取することで硬くなるのですから、その摂取量を減らしつつオメガ3を摂取すれば、柔らかくなっていきます。これにより、アルツハイマー病の発症も予防できるようになるのです。

オメガ3とレシチンの摂取

オメガ6は、先述したように肉料理や揚げ物に含まれているので、それらを食べることを控えるだけで、摂取量は激減します。一方オメガ3は、青魚や海藻類に多く含まれています。そのため肉料理や揚げ物の代わりにそれらを食べるようにすることで、細胞膜の状態は良くなっていきます。また、レシチンを摂取することでも細胞膜は柔らかくなります。細胞膜の約半分がレシチンでできているので、摂取すればそれだけ不純物の少ない細胞膜が作られるようになります。そしてそれにつれて、アルツハイマー病の発症リスクは低下していくのです。レシチンは大豆に含まれていますが、サプリメントの方が効率良く摂取できます。またレシチンのサプリメントには、オメガ3が一緒に配合されているものもあるので、それを利用すれば、一層アルツハイマー病を予防しやすくなると言えます。